専業主婦でも借りられるカードローン

専業主婦はどこから借りられるの?

多重債務が社会問題化し、2010年に「総量規制」という規制ができました。
総量規制により、自身に収入のない専業主婦は消費者金融の利用ができなくなりました。

 

専業主婦がお金を借りるには総量規制の対象外である銀行カードローンなら可能です。

参考は専業主婦がお金を借りるお役立ち情報こちらです。

銀行カードローンとは?

銀行の金融商品のひとつとして個人向け融資があります。
個人向け融資のひとつであるカードローンでは住宅ローンや教育ローン、マイカーローンなどと違い、使用使途を限定していません。
総量規制対象外なので借入金額に法的制限がありません。

消費者金融と銀行、カードローンは何が違うの?

消費者金融は貸金業法で貸付に制限がありますが、銀行法では貸金業法の定める制限がないため融資対象者が広く専業主婦も借りることができます。
ただし、専業主婦に対する融資は自由なので貸付を行うかどうかは配偶者に安定した収入を条件に各銀行が決めています。

- 銀行 消費者金融
業法
(業務上守るべき法律)
銀行法 貸金業法
総量規制 対象外 対象
専業主婦の借入れ 法的な制限がないため貸付可 不可
貸付金額の制限 なし 年収の1/3

本当に家族や夫に知られず借りられるの?

借入をしたい理由のひとつに家計のやりくりがうまくいかなかったことを夫に内緒にしたいということもあげられます。
銀行カードローンなら夫など家族に知られずに内緒で借入できます。

  • スマホ、パソコンなどインターネットで簡単に申込みできるので誰にも見られないで済む
  • 申込み時に夫の同意書、収入証明、勤務先記載は不要
  • 在籍確認の電話連絡は個人名を名乗りかかってくる
  • カードローンと分かる郵便物の送付はない

銀行側もプライバシー保護のため、申込者以外に契約状況を話すことはありません。
借入を内緒にしたいことを理解しているので電話や郵送物もカードローンを名乗ることはありません。

専業主婦はいくらまで借りられるの?

総量規制対象外の銀行でも制限なく借りられるわけではありません。
申込時の審査により、融資の可否とともに借入限度額も決まります。
銀行はそれぞれの基準によって専業主婦の最高限度額を30万円〜50万円と決めています。
その中で審査によって個人の限度額が決定します。

手続きの流れと気になるポイント

自由な時間に制限がある、急に必要になったなど気になる手続き方法。
専業主婦が気になるポイントを手続きの流れに沿ってチェック!

  1. 申込み
  2. 電話や店舗に来店する以外にもネットで申込むことができます。
    パソコンやスマホからでき、申込は24時間できます。
    人に見られたくない、一人でこっそり申込みたい場合にはネット申込が便利です。

  3. 審査
  4. 信用情報、属性の審査があります。
    記入ミスや意図的に嘘を書くと審査に時間がかかったり審査で否決になります。
    審査結果は電話かメールで連絡されます。
    電話で連絡を受け取る場合は連絡先を自分の携帯電話にしておくと安心です。

  5. 契約
  6. 契約に必要な書類(本人確認書類)の提出や契約内容の確認をします。
    本契約時に印鑑、捺印などの手間はありません。
    自動契約機であれば、契約のその場でローンカードを受け取ることができます。
    契約機や店舗に行かない場合は後日契約内容やローンカードが郵送されます。

  7. 借り入れ
  8. 審査時間にもよりますが、最短で申込んだその日に借入が可能です。
    即日借入するには申込や審査回答を受け取る時間などに締切時間があるので予め確認が必要です。
    カードが郵送される場合にはカードの受取前に振込んでもらうこともできます。